読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

進捗置き場というわけでもない場所

プログラミングしてる中で見つけたこととか

「ゲームを動かす数学・物理」を購入したお話

経緯

昨日ヤボ用ついでに本屋に立ち寄って適当な技術書を探していたところ、「ゲームを動かす数学・物理」を見つけた。
この本、Twitterで良い評判を聞いていた「ゲームを動かす技術と発想」の著者の新しい本みたいなので手にとって見たところ、ゲームプログラムに関する基礎を学べる感じの本だった。
この本。書き方が丁寧で分かりやすかったし、僕はゲーム制作ってのがものっそい苦手なので、半分衝動買い的な感じで買ってしまった。 f:id:azaika:20150906172644p:plain

読んだ感想

だいたいパラパラめくった時の感じのままのイメージ。
めっちゃ丁寧(若干うるさいくらい)に基礎から書いているので、わかりにくい場所がほとんど無かった。
ただサンプルがC言語なので、最低限のC言語の知識がないと厳しいかもしれない。
あとC言語なせいでclassが無かったり乱数生成にrand使ってたりして、普段C++書いてる身としてはムウってなった。
でもそれを差し引いても、ゲームを作る時の基礎が大体書いてあったので、結構おすすめです。これからゲーム作る後輩に勧めたいレベル。
あと、この記事書いてる途中に発行日見たら9/5だったので、意図せず発売日買いになっていた。
鈍器コレクション~鈍これ~とかいうネタを思いついたけど言わないでおこう